生前整理とは?

人生の最後に、片付けで家族に迷惑を掛けたくない。そんなご家族への思いやりのお手伝いさせていただきます。家全体の品々の整理から、一部屋、お荷物単品でのお取り扱いまで幅広く対応させていただきます。

こんな事でお困りではございませんか?

そんなお悩みを「まちの遺品整理屋さん」が解決します!

  • 創業12 年1,200 件以上の実績

    運営元である株式会社エクセル・クリーン・サービスは平成19年に創業し、いち早く遺品整理業務に携わり、数多くの実績がございます。安心してご利用ください。

  • 部分整理も承ります

    1部屋、少量とはいえ、ご自身で整理・清掃されるのは大変な場合も多くあります。当サービスでは1点の引取から承ります。お気軽にお問い合わせください。

ご利用の流れ

料金表

マンション
間取り 作業員数 施工料金
ワンルーム 1人 35,000円(税別)〜
1DK 2人 80,000円(税別)〜
2DK 3人 140,000円(税別)〜
3DK 4人 180,000円(税別)〜
3LDK 5人 220,000円(税別)〜
一戸建て
間取り 作業員数 施工料金
平屋2DK 3人 140,000円(税別)〜
平屋3DK 4人 180,000円(税別)〜
二階建て4DK 5人 220,000円(税別)〜
二階建て5DK 6人 260,000円(税別)〜

※上記料金は家財の量により変わります。
※ピアノ、金庫、畳、自転車、介護ベット等も別途費用が掛かります。※テレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコン等リサイクル費用のかかるものは別途費用が掛かります。
※仏壇、神棚の処分には別途費用が掛かります。

お支払い方法をお選びいただけます
  • 現金払い
  • 銀行振込(施工後7営業日以内)
  • クレジットカード
  • 楽天カード
  • クレジットカード ビザ
  • クレジットカード マスター

対応エリア

まちの遺品整理屋さんは、全国対応可能です!
※山間部等一部お伺いできない地区がございます。
お気軽にお問い合わせください。

関連サービス

遺品整理・遺品部分整理

遺品整理・遺品部分整理

「丁寧」をモットーに大切に扱わせていただきます。遺品1点の引取から承りますのでご安心ください。

¥35,000(税別)〜

詳しくはコチラ >
遺品供養

遺品御供養

故人様がお使いなっていた遺品を、寺院より僧侶を迎え、合同でご供養させていただきます。

¥25,000(税別)〜

詳しくはコチラ >
遺品買取サービス

遺品買取サービス

買取料金を遺品整理費用にご利用いただけますので、遺品整理費用を軽減していただけます。

 

詳しくはコチラ >
生前整理・生前部分整理

生前整理・生前部分整理

「楽しい思い出だけを残してあげたい」そんな想いを実現。少量の整理もお任せください。

¥35,000(税別)〜

詳しくはコチラ >
清掃・特殊清掃

清掃・特殊清掃

遺品整理・生前整理・引越しの後の清掃を、業務用の消毒・除菌溶剤でキレイにいたします。

¥25,000(税別)〜

詳しくはコチラ >
ペット遺品整理

ペット遺品供養

大切な家族であるペットが生前愛用していた物を、責任を持ってお引取りし供養いたします。

¥5,000(税別)〜

詳しくはコチラ >

今から始めたい!生前整理の基本や始め方、進め方を解説

自分に万が一のことがあった後、気になるのは「自分の持ち物」「残された遺族の負担」などではないでしょうか。 大切なものがある場合、自分の持ち物がどのように整理されるのかという点が気になるのは当然です。また、遺族に関してもあらゆる手続きや対応に追われることとなりますので、なるべく負担を軽減してあげたいと考えるものでしょう。 そんな方に、ぜひご検討いただきたいのが「生前整理」です。本ページで、生前整理の基本や始め方などについて理解を深めてみましょう。

生前整理とは

生前整理とは、自分が亡くなる前にある程度身の回りを整理しておくことを言います。 基本的に人が亡くなると、遺族が遺品整理を行いますが、意外にも手間と時間を要するのが現状。そのため、遺族の遺品整理の手間を軽減するために、生前整理を検討する方が増えているのです。

生前整理の魅力

生前整理にはどのような魅力があるのでしょうか。 本人はもちろんのこと、遺族にとってもさまざまなメリットがありますので、ぜひご覧ください。

遺族の遺品整理の手間を軽減できる

生前整理を済ませておくことで、遺族の遺品整理の手間を軽減できます。 前項でも触れた通り、遺族にとって遺品整理は大きな手間。少しでも遺族の手間を軽減できるよう、生前整理を選ぶ方は多い傾向にあります。 「貴重品の場所が分からない」「故人名義の書類が見つからない」など、遺品整理ではさまざまな問題も発生しがちです。遺族がスムーズな遺品整理を進められるよう、生前整理をおすすめします。

自分の希望を伝えておける

生前整理をしておくことで、自分が亡くなった後、遺品への対応について希望があればあらかじめ親族に伝えておくことができます。 「これは処分せずに大切に保管しておいてほしい」「これは価値があるから売却して現金化してもかまわない」など、生前のうちに希望を伝えておけるという点は、生前整理ならではのメリットです。 「大切にしてほしいもの」「取り扱い方法を指定したいもの」などがあれば、生前整理をしておくことで遺族がスムーズに対応しやすくなります。

遺族同士のトラブルを防ぎやすい

遺品整理における最大のメリットといえるのが「遺族同士のトラブルを防ぎやすい」という点です。 遺品整理では、「財産」を巡って遺族同士でトラブルになることが少なくありません。そのため、生前整理であらかじめ財産を明確にしておき、相続方法についても計画しておくことが大切です。 遺産相続がきっかけで親族間に溝が生じてしまうことを防ぐためにも、元気なうちに相続方法や遺産の分け方などについて考えておきましょう。

基本的な「生前整理」の方法

生前整理を始めようと思っても、「具体的に何から始めれば良いのか分からない」という方がほとんどです。 ここからは、生前整理の方法について、詳しく触れていきます。

まずは財産の情報を明確にしておく

生前整理を始める際には、まず財産の情報を明確にしていくところから始めましょう。 預金口座や株式、不動産など、財産に関わる情報は全て明確にしておけば、遺族がそれぞれの情報を探す手間が省けます。 必要書類や印鑑、名義情報など、財産に関わるものは全てひとまとめにしておくと、遺族が慌てることなく情報を掴むことができるでしょう。

現時点で「不要」と判断できるものは処分していく

現時点で「いらないな」と判断できるものがあれば、処分していきましょう。 例えば、何年も着ていない衣類や、読み終わって飽きてしまった書籍、今後使うことがないであろう若い頃の趣味のアイテムなど、今後の余生を想像しても使用シーンが思い浮かばなかったら「不要物」のサイン。思い切って処分することで、身の回りのものを減らしやすくなります。 意外にも、遺族は遺品の処分にはとても迷います。「捨てていいのだろうか」「故人が大切にしていたから捨てにくい」など、遺族の負担とならないようあらかじめ捨てられるものは手放しておきましょう。

自分の万が一の後について文書にまとめておく

自分に万が一のことがあった後については、遺言書などのような文書にまとめておきましょう。 「葬儀のこと」「相続のこと」「親族への感謝の気持ち」などは、文面にまとめておけば家族が故人の意図を汲んで対応しやすくなります。 自分が亡くなった後について、希望があればきちんと文書にまとめておきましょう。 ちなみに、最近では遺言書だけではなく、「エンディングノート」などのような、気軽に作成できるアイテムもあります。 書店や文具店などで販売されていますので、ぜひ活用してみてください。

おわりに

自分の身に万が一のことがあった後、残された親族はあらゆる対応に追われています。 中でも、「遺品整理」の負担は大きいため、本人が生前のうちにある程度整理しておくことが大切です。 「遺族の負担を軽減したい」「自分である程度対処したい」と考えている方は、ぜひ本ページを参考にしながら、生前整理を進めてみてはいかがでしょうか。

電話でお問い合わせ 電話でお問い合わせ
メールでお問い合わせ
ラインでお問い合わせ ラインでお問い合わせ