農機具ってどう処分したらいい?知っておきたい選択肢や中古の需要

事情により農機具を処分したいと考えている方はいらっしゃいませんか?
農業を廃業したり、別の農機具を新調したりしたとき、不要な農機具の処分は大きな問題です。とくに、トラクターや耕運機、田植え機などは大型なものが多く、気軽に処分できるものではありません。
また、民間の不用品回収業者でも、農機具の回収は対象外となっていることがほとんど。手離そうにも選択肢がない…と悩む方は多いです。
そこで、今回は不要な農機具を抱えている方に向けて、処分方法の選択肢をご紹介します。

大阪で遺品整理・生前整理・特殊清掃なら
遺品整理認定協会認定
まち遺品整理屋さん」

まちの遺品整理屋さんは、遺品整理認定協会から「遺品整理士」資格の認定を受け遺品整理業界の健全化に取り組み、適正業務を行っていると認められた協会認定の優良事業所です。

tel:0120-158308

農機具を処分するために知っておきたいこと

農機具を処分するにあたり、あらかじめ知っておきたいことがあります。
現在、不要な農機具を抱えている方は以下を参考にしてみてください。

農機具店への依頼が必要

トラクターや耕運機など、大型の農機具を処分するためには、農機具店へ依頼する必要があります。
基本的に農機具はゴミ収集所などでは回収を行っていないので、専門店で引き取ってもらうしかありません。農機具を購入した店舗もしくは、農機具を取り扱っている店舗へ相談してみてください。

処分費用は店舗によって差がある

農機具を処分するにあたり、忘れてはならないのが「処分費用」です。農機具を処分するにあたり、農機具店へ依頼する場合は、処分費用を請求されることがほとんどです。しかし、具体的な処分費用は店舗によって差があるのが現状。安価なケースでは数千円程度で対応してもらえますが、高額なケースでは10万円をこえることもあります。
そのため、処分する際には複数の店舗の価格を比較したうえで検討することが大切です。

農協で買い取ってもらえることも

農機具を処分するにあたり、選択肢の一つとなるのが「農協で買い取ってもらう」です。
あまり知られていませんが、農機具は農協で買い取ってもらえることがあります。製造年数が新しい場合や、状態の良い農機具であれば農協側に買い取ってもらえるかもしれません。
そのため、不要な農機具をお持ちの方は、処分ではなく「農協での買取」も検討してみるといいでしょう。

農機具は「中古品」として需要が高い

農機具は高額なものなので「中古品」としての需要が高い傾向にあります。ここからは、農機具における意外な需要について解説します。

国内外で需要が高い傾向

農業には欠かせない農機具ですが、価格が非常に高く気軽に購入できるものではありません。現在使用している農機具が故障してしまったり、新しく農業をスタートしようと考えている方にとって、新品の農機具は金銭的なハードルが高いのが現状です。
そのため、手頃な価格で購入できる中古の農機具は需要が高く、専門の買取業者でも積極的に回収している傾向にあります。
そのうえ、農機具は過酷な環境下で使用するので非常に頑丈な設計です。そのため、中古であっても安心して使えることがほとんど。買い手としては魅力的な中古品と言えるのです。

サビ、多少の故障も問題ないケースがほとんど

泥や水などに耐えられるよう設計されている農機具は、錆びが発生していたり、多少壊れていたりしても、エンジンは問題がない場合が多いです。
そのため、農機具の見た目に問題があったり、部分的に破損していたりしても買取してもらえることがあります。
「長年放置していて表面のサビがひどい」「うっかりぶつけて車体の一部が破損してしまった」といった問題があっても、一度相談してみるといいでしょう。

比較的新しい農機具は高額買取になりやすい

製造年数が10年以下など、比較的新しい農機具は高額で買取してもらえることがほとんどです。
もともと農機具は需要が高いので、新しいタイプとなれば買取業者も価格を上げて買い取ってくれます。
ただし、買取価格は業者ごとに差があるので、相見積もりをとったうえで売却先を検討してください。

農機具における海外需要

国内では製造から15年以上経過している農機具の再販は認められていませんが、海外では製造年数の制限なく再販が可能。そのため、問題なく使える農機具であれば、専門の業者が買い取ってくれます。
また、古い農機具は、部品の希少価値が高い傾向にあるので、思いがけず高額な価格で売れることも少なくありません。とくに、すでに製造が終了している農機具の場合、修理用の部品が流通していないことが多いです。中古の農機具の部品が修理用部品として活用できることもあり、意外にも需要があります。
そのため、製造年数に関わらず、買取に対応している専門業者は少なくありません。

おわりに

処分方法に悩む農機具。処分には高額なお金がかかるうえに、気軽に処分できるサイズでもないので、「なかなか手放せない…」と頭を抱える方が少なくありません。
しかし、今回ご紹介した通り、「買取」といった選択肢もあります。臨時収入の獲得にもつながるので、ぜひ買取も視野に入れたうえで、手放す方法を模索してみてください。

監修者:大坂 良太
所有資格:遺品整理士・事件現場特殊清掃士

作業は”丁寧”がモットー。大切な人が遺したものだから、私たちも 大切に扱わせていただきます。遺品にまつわる思い出話をうかがいながら、 一つずつ整理していく。こうした遺品整理の過程が「思い出の整理」となり、 少しでもお客様の心が温かくなればと願っています。

遺品整理・不用品回収なら
遺品整理認定協会認定
まち遺品整理屋さん」

まちの遺品整理屋さんは、遺品整理認定協会から「遺品整理士」資格の認定を受け遺品整理業界の健全化に取り組み、適正業務を行っていると認められた協会認定の優良事業所です。

tel:0120-158308

おすすめのお役立ちコラム