断捨離で家を丸ごとすっきり!成功させるためのコツを解説

近年、「断捨離」「ミニマリスト」など、不要な物を手放して、すっきりさせる生活が注目されています。
しかし、普段身の回りにあった物をいっきに手放すのは勇気がいるもの。断捨離をしたいけれど、躊躇している方も多いのではないでしょうか。しかし、断捨離はコツを掴めば、簡単に成功できます。
そこで、今回は断捨離を検討している方に向けて、成功させるためのコツをご紹介します。

大阪で遺品整理・生前整理・特殊清掃なら
遺品整理認定協会認定
まち遺品整理屋さん」

まちの遺品整理屋さんは、遺品整理認定協会から「遺品整理士」資格の認定を受け遺品整理業界の健全化に取り組み、適正業務を行っていると認められた協会認定の優良事業所です。

tel:0120-158308

断捨離成功のコツ

断捨離を成功させるためには、どのようなコツを知っておけばいいのでしょうか。初めてでも無理なく断捨離をできるよう、以下のコツをチェックしてみてください。

1日1個以上捨てる習慣をつける

断捨離成功のコツとして、まず挙げられるのが「1日1個以上捨てる」です。
1日に大量に物を捨てるのは難しいですし、勇気がいるでしょう。しかし、1日1個であれば、気楽に始められます。たとえば、読み返すことのない本を一冊捨ててみたり、サイズが合わない安い服を捨てたりなど。気軽に捨てやすい物から、1日1個ずつ捨てていきましょう。

一か所ずつ捨てていく

断捨離をスムーズに進めたいなら、一か所に集中して物を捨てることをおすすめします。
たとえば「まずはキッチンの不用品を捨てる」「今週は毎日浴室の不用品を捨てる」などがいいでしょう。
毎日あちこちの不用品を処分しても、物が減るペースが遅く感じてしまいます。断捨離の効果を実感できず、途中で断念することにもなりかねません。一か所に集中して断捨離を始めれば、不用品が短期間でたくさん捨てられるため、断捨離効果を実感しやすくなります。

長年使っていない物から捨てていく

性格的に「物を捨てられない」という方は、長年使っていない物に注目して、処分してみましょう。たとえば、2年以上着ていない服や、買ってから1度しか使っていない便利家電などはありませんか。
長年使っていないということは、今後も出番を迎えることはほとんどありません。使わなければただのゴミとなってしまうため、「最近目にしていない物」「全然使っていない物」から捨てていきましょう。

断捨離の注意点

断捨離を始めるにあたり、いくつか注意点があります。とくに、初めての方は断捨離で失敗してしまうことがあるため、あらかじめ注意点を把握しておきましょう。

思い出の物は時間をかけて検討する

断捨離において、まず注意したいのが「思い出の物」です。断捨離をしていると、気分が乗ってきて、どんどん処分が進むことがあります。その調子で思い出の物を処分してしまうと、後日「なんで捨ててしまったのか」と後悔する可能性があるのです。
とくに、子供の思い出の物や家族の形見、アルバムなどは時間をかけて検討したうえで、処分を判断しましょう。

「いざ」にも備えておく

断捨離でたくさん捨てることは大切ですが、捨てすぎると「いざ」というときに対応できない場合があります。たとえば、災害が発生したら近隣のお店は閉業・閉店する可能性があります。ライフラインが復旧するまでは、家にある物だけで過ごさなければなりません。
しかし、断捨離で捨てすぎてしまうと、被災生活に対応できる物がなく「物資不足」に悩まされるリスクがあるのです。
緊急事態や非常事態を想定したうえで、断捨離を進めてください。

断捨離した後も綺麗な状態を維持するには?

断捨離後は家の中がすっきりして気分が良くなるでしょう。しかし、「物を溜め込みやすいタイプ」「捨てられない性格」などの方は、せっかく断捨離しても徐々に物が増えてしまうことが多いです。
せっかく断捨離をするなら、綺麗な状態を長く維持したいところ。どうすれば、断捨離した後も綺麗な状態を保てるのでしょうか。

1つ買ったら1つ捨てるイメージで過ごす

断捨離後も綺麗な状態をキープするにあたり、簡単かつ効果的な方法といえるのが、「1つ買ったら1つ捨てる」です。
たとえば、気に入ったインテリア用品を見つけたら、すでに部屋に飾ってあるインテリア用品を1つ処分します。結果的に物の数は増えないため、どんどん物が溜まってしまう心配がありません。
常に購入と処分のサイクルをまわしていくことで、物が増えない生活を維持できるでしょう。

買う前に「家にあったかも」と考える習慣をつける

買い物をする際には、購入する前に「家にあったかもしれない」「家の似た物で代用できるかもしれない」と考えることを習慣にしましょう。
服を見ていて気に入った商品があれば、ついつい欲しくなってしまうかもしません。しかし、クローゼットの中に似たデザインの服が並んでいることは多いです。
本当に必要か否かを見極めるためにも、気に入った商品が見つかったら、家にある物を思い浮かべてみてください。

おわりに

たくさんの物に囲まれて過ごしている現代人にとって、断捨離は勇気のいる行動です。しかし、コツさえ掴めれば、意外にもスムーズに断捨離を成功させることは可能。決して難しい作業ではありません。
現在、断捨離を検討している方は、本ページを参考にしながら、さっそく作業を始めてみましょう。

監修者:大坂 良太
所有資格:遺品整理士・事件現場特殊清掃士

作業は”丁寧”がモットー。大切な人が遺したものだから、私たちも 大切に扱わせていただきます。遺品にまつわる思い出話をうかがいながら、 一つずつ整理していく。こうした遺品整理の過程が「思い出の整理」となり、 少しでもお客様の心が温かくなればと願っています。

遺品整理・遺品部分整理

まちの遺品整理屋さんは、低価格と安心を両立!

単に安さだけを追求してきれいに片付けるのではなく、故人さま・ご遺族さまの大切な想いが詰まった遺品を、専門スタッフが心を込めて整理いたします。ひとつづつ丁寧に整理することでご遺族の『思い出の整理』となることを目指しております。

人が亡くなった時に必要となる遺品整理。いざという時にあわてないため、事前に準備をしておく方も増えています。
私たち『まちの遺品整理屋さん』は、24時間・365日いつでも受付!お急ぎの方も、お困りの方も、ご相談だけでも大歓迎!「遺品整理認定士」「事件現場特殊清掃士」「古物商」などの資格スタッフが丁寧にご対応いたします。まずはお気軽にご連絡ください。

※上記料金は家財の量により変わります。※ピアノ、金庫、畳、自転車、介護ベット、仏壇、神棚、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコン等別途費用・リサイクル費用が掛かるものがあります。ご相談や見積りは24時間365日無料で受け付けております。まずはお問合せから。詳細はお気軽にお問い合わせください。

遺品整理サービス紹介動画

『まちの遺品整理屋さん』は、おかげ様で創業12 年・1,200 件以上お客様の「思い出の整理」にかかわることができました。地域最安値に挑戦するだけでなく、「遺品整理認定士」「事件現場特殊清掃士」「古物商許可書」などの資格を取得した専門スタッフが、ご対応いたします。

身近な方の死に馴れている人はいません。悲しみに暮れる最中にも関わらず、故人の身辺整理など現実的な問題に直面して困っている方がほとんどでしょう。『まちの遺品整理屋さん』は、24時間365日いつで受付!お見積りだけなら無料で対応。お急ぎの方も、お困りの方も、まずはお気軽にご相談・お問合せください。

ご利用いただいた皆さまから、たくさんのうれしい声をいただいています。いただいたお声は社内でも共有し、さらなるサービスの改善、向上を目指します。

関東圏は東京・千葉・埼玉・神奈川。関西圏は大阪・京都・兵庫・奈良・和歌山・滋賀。まちの遺品整理屋さんは出張無料で訪問お見積り!24時間365日ご相談・お問合せいただけます。まずはお気軽にご連絡ください。

A.遺品整理認定士の資格免許を持ったスタッフが対応いたします。

A.見積もり日に金額をご提示いたします。
また、その場でキャンセルもしていただけます。

A.見積もり金額以外の追加料金がかかることは一切ございません。

A.祝日は金額がかかることはございません。

A.大切なご遺品をご依頼者と確認を取りながら、遺品整理を
進めさせていただきます。ご安心ください。

A.はい。無料で対応させていただきます。

A.もちろん対応できます。お見積もりの際にご相談ください。浴槽自体も外さないといけない場合もございます。そちらも対応可能です。

A.はい、できます。お見積もりの際にご相談ください移動については専門スタッフを手配いたします。また、買取させていただくことも可能です。

遺品整理・不用品回収なら
遺品整理認定協会認定
まち遺品整理屋さん」

まちの遺品整理屋さんは、遺品整理認定協会から「遺品整理士」資格の認定を受け遺品整理業界の健全化に取り組み、適正業務を行っていると認められた協会認定の優良事業所です。

tel:0120-158308

おすすめのお役立ちコラム