ぬいぐるみや人形などの処分方法

遺品整理をしている際に出てくる
人形やぬいぐるみ等の思い入れある品々。
特に亡くなった人が大事にしていた遺品ともなれば、いきなりゴミとして捨てていいのかどうか、
迷ってしまうことも多いでしょう。
そこで今回は、処分方法や供養の仕方、
その際の注意点などについて紹介します。

◎ゴミとして処分する(無料)

ぬいぐるみは基本的に燃えやすい素材でできているので、実はそのままゴミとして出すことができます。
もしそのままゴミ袋に入れて捨てるのは抵抗があるという場合は、塩で清めたり、洗ってから処分するといいでしょう。人形に対しても感謝の気持ちを持って処分することで、罪悪感も減るかもしれません。

◎お寺や神社で供養・お焚き上げ(有料)

実際に人形やぬいぐるみを供養するに当たって、最も一般的な方法が”お焚き上げ”です。
ぬいぐるみや人形、仏具などの供養を受け付けてくれる神社やお寺などに、お焚き上げをお願いします。
お焚き上げとは、ぬいぐるみや人形などの魂が宿っているとされるようなものに対し、燃やされることで浄化され、天に戻っていけるという供養です。
中にはインターネットで申込・郵送受付をしてくれる寺社もあるので、調べてみるとよいでしょう。
料金は、お寺や神社によってが異なりますので必ず問い合わせて確認するようにしましょう。

◎寄付する(無料~有料)

あまり知られていない方法ですが、処分せずにぬいぐるみなどを集めている団体に寄付する事が出来ます。
寄付されたぬいぐるみは、福祉施設に寄付されたり、発展途上国の子どもたちに届けられたりするようです。
ぬいぐるみは発展途上国にいる人達を笑顔にする効果があったり、再資源化することができお金を生み出すことができますので同時に支援もできます。
寄付をすることにはお金はかかりませんが、団体に配送する場合は、送料などを負担する必要があります。
少しでも他の人の力になりたいと考えるなら寄付という選択肢が最善だと思います。

◎売却する(無料)

綺麗なぬいぐるみはリサイクルショップなどに、買取ってもらうこともできます。
限定のぬいぐるみや、昔のもので状態のいいぬいぐるみなど、買取で高い値がつくこともあります。

◎遺品整理業者に依頼する(有料)

自分だけではどう整理したらいいかわからなくなることもあるのではないでしょうか。
そんなとき、遺品整理も含めてプロの遺品整理業者に依頼することもできます。
業者に任せてもらえればすべての遺品を片付けたり回収したりしてもらえます。
ぬいぐるみ以外の遺品も一緒に処分をしてくれるので、一番効率的とも言えます。

いかがでしたでしょうか?
自分たちにとって一番効率的と感じる処分方法を選んで、遺品整理を円満に終わらしてくださいね。

監修者:大坂 良太
所有資格:遺品整理士・事件現場特殊清掃士

作業は”丁寧”がモットー。大切な人が遺したものだから、私たちも 大切に扱わせていただきます。遺品にまつわる思い出話をうかがいながら、 一つずつ整理していく。こうした遺品整理の過程が「思い出の整理」となり、 少しでもお客様の心が温かくなればと願っています。

遺品整理・部屋の片づけなら
遺品整理認定協会認定
まち遺品整理屋さん」

まちの遺品整理屋さんは、遺品整理認定協会から「遺品整理士」資格の認定を受け遺品整理業界の健全化に取り組み、適正業務を行っていると認められた協会認定の優良事業所です。

tel:0120-158308

おすすめのお役立ちコラム