老前整理

老前整理とは、歳を取って体力が衰える前に、身の回りの物や人間関係を整理することです。
年齢的にも還暦を迎える前(40代~50代)までの気力や判断が出来るうちから整理を済ませていきます。
現在、自分が所有しているものを把握し、単に不要なものを処分するのではなく、これまでの人生を思い起こし振り返りながら、その後の人生をより楽しくしていくための未来に向けての片付けを考えた整理となります。
老前整理により老後の暮らしの負担を減らすことができ、家族の負担を減らすことができます。

さらには心も軽くなり老後の人生に良いイメージを持てるようにもなります。
老前整理のメリットとしまして「元気なうちに整理整頓できる」「未然に事故を防げる」「家族への負担が小さくなる」など、 自分に本当に必用なものが明確になり、これから始まるセカンドライフがより素晴らしくより安心、快適に過ごすことができます。
自身がいなくなった後の整理も簡単になりますので、家族のことを考えても、身の回りはすっきりさせておくことには重要な意味があります。
元気なうちに、体力のあるうちに、もう一度暮らしを見つめなおし、身軽になることが、精神的に豊かな老後を迎える準備になるのではないでしょうか。

監修者:大坂 良太
所有資格:遺品整理士・事件現場特殊清掃士

作業は”丁寧”がモットー。大切な人が遺したものだから、私たちも 大切に扱わせていただきます。遺品にまつわる思い出話をうかがいながら、 一つずつ整理していく。こうした遺品整理の過程が「思い出の整理」となり、 少しでもお客様の心が温かくなればと願っています。

遺品整理・部屋の片づけなら
遺品整理認定協会認定
まち遺品整理屋さん」

まちの遺品整理屋さんは、遺品整理認定協会から「遺品整理士」資格の認定を受け遺品整理業界の健全化に取り組み、適正業務を行っていると認められた協会認定の優良事業所です。

tel:0120-158308

おすすめのお役立ちコラム