汚部屋の片づけ方!自力での方法や、キレイをキープするためのポイント

「いつの間にか足の踏み場がないほど散らかってしまった」「片づけが苦手で、どんどん物が溜まっていく」など、汚部屋化した状況に途方に暮れてしまう方は多いです。
とくに、ゴミの量が多かったり、不用品で埋もれているような状況は、自力で片づけられるのかも大きな疑問。
そこで、今回は、汚部屋を自力で片づける方法や、キレイになった部屋をキープするためのポイントをご紹介します。

大阪で遺品整理・生前整理・特殊清掃なら
遺品整理認定協会認定
まち遺品整理屋さん」

まちの遺品整理屋さんは、遺品整理認定協会から「遺品整理士」資格の認定を受け遺品整理業界の健全化に取り組み、適正業務を行っていると認められた協会認定の優良事業所です。

tel:0120-158308

汚部屋を自力で片づける方法

汚部屋を自力で片づけるためには、どのような方法を取り入れたらいいのでしょうか。
まずは、汚部屋を自力で片づけたいときに知っておきたい方法をご紹介します。

作業場所を確保する

汚部屋を片づけるためには、まず作業場所が必要です。
不用品をまとめたり、仕分けをしたりとさまざまな作業が必要であるからです。そのため、作業スペースを確保するために、特定の場所の不用品やゴミを処分したり、移動させたりしてください。
特定の場所に作業スペースが生まれると、作業がはかどりやすくなります。

売れるもの、譲れる物をどんどん手放す

売れる物や譲れる物はどんどん手放していきましょう。
たとえば、「綺麗な状態のもの」「新品のもの」「価値のあるもの」などは、欲しい人がいるものです。最近はフリマサイトが充実しているので、スマホから販売可能。手間なく処分できるので、ぜひ活用してみてください。
また、友人や身内で、「欲しい」という人がいれば、譲ってあげるのもおすすめです。

長年使用していない物は積極的に処分する

「最後に使用したのは2年前」「いつ買って、いつ使ったのか覚えていない」など、長年使用していないような物は、積極的に処分していきましょう。長年使用していないということは、今後も使用するシーンはほとんどありません。「なくても大丈夫」といった物であると考えられるので、長年使用していないようであれば、積極的に処分しましょう。

汚部屋の片づけのコツ

いざ片づけを始めようと思っても、何から手を付けたらいいのか分からないと悩む方は多いです。
ここからは、汚部屋の片づけのコツを解説していきます。

明らかなゴミから処分していく

汚部屋に住んでいる人の多くが、「処分」に抵抗を感じてしまうものです。そのため、明らかなゴミから処分していくことをおすすめします。
たとえば、空のペットボトルや空き缶、食べ終わったお菓子の袋やコンビニ弁当の容器など、「ゴミ」と判断できる物から処分していくことで、徐々に片づけのハードルが下がってきます。
「捨てたくない物が多い」という場合も、ぜひまずは明らかなゴミから処分してみてください。

読んでいない雑誌や書籍、新聞などは処分対象とする

最近読んでいない雑誌や書籍、新聞など処分対象にしましょう。「後で読むかも…」と保管していると、どんどん溜まる一方です。最近は、必要な情報はスマホからも得られるようになっているので、いざというときには検索することを検討してみてください。
雑誌や書籍、新聞などの量が多いと、これらを処分するだけで部屋の中は一気にすっきりとします。

大きな不用品から処分してみる

可能であれば、大きな不用品から処分してみてください。部屋を圧迫するような大きな不用品を処分すると、一気に部屋が広く感じます。「頑張った感」も得られるので、より片づけに身が入るようになるのです。
壊れた家電製品や、使用しない古いテレビ、家族の人数分以上の椅子など、大きな不用品があれば、思い切って処分してみるといいでしょう。

掃除後のキレイな状態をキープするコツ

無事掃除が終わっても、キレイな状態を維持できなければ意味がありません。
キレイな部屋を維持するためには、以下のようなコツを覚えておく必要があります。

頻繁に物を買わない

まずは、頻繁に物を買うことをやめましょう。「インテリアに良さそう」「あったら便利そう」と、あれこれ購入して物を増やすと、あっという間に部屋が物で埋まってしまいます。
欲しいと思ってもすぐに買わず、「本当に必要か否か」を検討したうえで、購入してください。

床に物を置かない

生活するうえで、ぜひ気を付けてほしいのが「床に物を置かないこと」です。
床に物を置かないことを徹底すると、必然的に物を片づける習慣が身に付きます。「使った物をもとの場所に戻す」「定位置に引っ掛ける」などは、散らからない部屋作りに効果的なアクションです。
汚部屋を卒業できたら、床に物を置かないことを意識した生活を心がけてみましょう。

おわりに

本ページでは、自力で汚部屋を掃除する方法やコツ、綺麗な状態を維持する方法などについてご紹介しました。工夫次第でひどい汚部屋も自力で掃除することができます。
しかし、汚部屋の規模によっては、自力では難しい場合もあるので要注意。必要に応じて、専門業者に依頼するなど、安全に汚部屋を片付けることを優先してくださいね。

監修者:大坂 良太
所有資格:遺品整理士・事件現場特殊清掃士

作業は”丁寧”がモットー。大切な人が遺したものだから、私たちも 大切に扱わせていただきます。遺品にまつわる思い出話をうかがいながら、 一つずつ整理していく。こうした遺品整理の過程が「思い出の整理」となり、 少しでもお客様の心が温かくなればと願っています。

遺品整理・遺品部分整理

まちの遺品整理屋さんは、低価格と安心を両立!

単に安さだけを追求してきれいに片付けるのではなく、故人さま・ご遺族さまの大切な想いが詰まった遺品を、専門スタッフが心を込めて整理いたします。ひとつづつ丁寧に整理することでご遺族の『思い出の整理』となることを目指しております。

人が亡くなった時に必要となる遺品整理。いざという時にあわてないため、事前に準備をしておく方も増えています。
私たち『まちの遺品整理屋さん』は、24時間・365日いつでも受付!お急ぎの方も、お困りの方も、ご相談だけでも大歓迎!「遺品整理認定士」「事件現場特殊清掃士」「古物商」などの資格スタッフが丁寧にご対応いたします。まずはお気軽にご連絡ください。

※上記料金は家財の量により変わります。※ピアノ、金庫、畳、自転車、介護ベット、仏壇、神棚、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコン等別途費用・リサイクル費用が掛かるものがあります。ご相談や見積りは24時間365日無料で受け付けております。まずはお問合せから。詳細はお気軽にお問い合わせください。

遺品整理サービス紹介動画

『まちの遺品整理屋さん』は、おかげ様で創業12 年・1,200 件以上お客様の「思い出の整理」にかかわることができました。地域最安値に挑戦するだけでなく、「遺品整理認定士」「事件現場特殊清掃士」「古物商許可書」などの資格を取得した専門スタッフが、ご対応いたします。

身近な方の死に馴れている人はいません。悲しみに暮れる最中にも関わらず、故人の身辺整理など現実的な問題に直面して困っている方がほとんどでしょう。『まちの遺品整理屋さん』は、24時間365日いつで受付!お見積りだけなら無料で対応。お急ぎの方も、お困りの方も、まずはお気軽にご相談・お問合せください。

ご利用いただいた皆さまから、たくさんのうれしい声をいただいています。いただいたお声は社内でも共有し、さらなるサービスの改善、向上を目指します。

関東圏は東京・千葉・埼玉・神奈川。関西圏は大阪・京都・兵庫・奈良・和歌山・滋賀。まちの遺品整理屋さんは出張無料で訪問お見積り!24時間365日ご相談・お問合せいただけます。まずはお気軽にご連絡ください。

A.遺品整理認定士の資格免許を持ったスタッフが対応いたします。

A.見積もり日に金額をご提示いたします。
また、その場でキャンセルもしていただけます。

A.見積もり金額以外の追加料金がかかることは一切ございません。

A.祝日は金額がかかることはございません。

A.大切なご遺品をご依頼者と確認を取りながら、遺品整理を
進めさせていただきます。ご安心ください。

A.はい。無料で対応させていただきます。

A.もちろん対応できます。お見積もりの際にご相談ください。浴槽自体も外さないといけない場合もございます。そちらも対応可能です。

A.はい、できます。お見積もりの際にご相談ください移動については専門スタッフを手配いたします。また、買取させていただくことも可能です。

遺品整理・不用品回収なら
遺品整理認定協会認定
まち遺品整理屋さん」

まちの遺品整理屋さんは、遺品整理認定協会から「遺品整理士」資格の認定を受け遺品整理業界の健全化に取り組み、適正業務を行っていると認められた協会認定の優良事業所です。

tel:0120-158308

おすすめのお役立ちコラム