大阪市のごみルールはどうなってる?ごみの持ち込みや粗大ごみについて

「大阪市のごみルールってどうなっているの?」「粗大ごみってどうやって出したらいいの?」など、大阪市でのごみの出し方について悩んでいる方はいらっしゃいませんか?
ごみの処分は、自治体ごとに明確にルールが設けられているので、自己判断で処分することはできません。ごみ処分のルール違反は、地域住民に迷惑になるだけではなく、処分方法によっては処罰の対象にもなります。
そこで、今回は大阪市におけるごみ出しのルールについて、詳しく解説します。

大阪で遺品整理・生前整理・特殊清掃なら
遺品整理認定協会認定
まち遺品整理屋さん」

まちの遺品整理屋さんは、遺品整理認定協会から「遺品整理士」資格の認定を受け遺品整理業界の健全化に取り組み、適正業務を行っていると認められた協会認定の優良事業所です。

tel:0120-158308

粗大ごみを持ち込んで処分する方法

大阪市の処理場にごみを持ち込んで処分する場合、あらかじめ予約しておく必要があります。
予約が済んでから、指定日にごみを処理場へ持ち込んで、重さなどで算出された料金を支払います。ただし、支払い方法は現金のみ。クレジットカードや、各種ポイントカードなどは使えないので注意してください。

大阪市での「粗大ごみ」の対象

自治体によって、「粗大ごみ」として分類されるごみは大きく異なります。
大阪市で粗大ごみの対象となるのは、以下の通りです。

長さ及び幅が30cmを超えるもの

大阪市で「粗大ごみ」として定められているのは、長さや幅が30cm以上に及ぶものです。
一般的な家具であれば、基本的に長さや幅が30cmを超えるので、ほとんどが粗大ごみの扱いになります。
分解すれば通常の燃えるごみとして処分できる場合もありますが、そのまま処分したい場合には粗大ごみとなることを覚えておきましょう。

棒状であれば1m以上

棒状のものに限り、長さは1m以上で粗大ごみとして判断されます。
たとえば、物干し竿やつっぱり棒、フロアワイパーの柄などは、粗大ごみとなるので、注意してください。
ちなみに、素材にもよりますが、短くカットして処分するのであれば、燃えるごみとして出すことが可能です。

大きさの基準を満たしていても「粗大ごみ」として処分できないものも

上記では粗大ごみに分類されるごみのサイズについて解説しましたが、大きさの基準を満たしていても粗大ごみとして処分できない場合があります。
後述しますが、危険なものや、リサイクル法などに指定されているものなどは、粗大ごみとして処分できません。

粗大ごみの処分にはいくらかかる?

粗大ごみを処分する場合、どれくらいの費用がかかるのかは気になるところです。
ここからは、粗大ごみの処分にはいくらかかるのか、詳しく見ていきましょう。

品目ごとに異なる

粗大ごみの処分費用については、結論から言うと品目ごとに異なるのが現状です。そのため、一概に「○円かかる」とは言い切れません。
安価なものでは、200円程度で済みますが、大きいものであれば1,000円の処分費用がかかります。
たとえば、一人掛け用の椅子は200円で処分できるのに対し、天板が大きめ(1mを超える)テーブルは処分費用として1,000円がかかります。
何を処分するかで費用が異なるので、事前に大阪市へ問い合わせておくことをおすすめします。

場合によっては減免や免除あり

粗大ごみにかかる処分費用は、例外として減免や免除が認められる場合があります。
減免や免除が認められる条件は次の通りです。

・粗大ごみを処分するときに生活保護を受給中
・自立支援などの支給給付受給者
・永住帰国した中国残留邦人等

上記に該当する場合には、粗大ごみの処分が減免もしくは免除となるので、予約の際に該当するかを確認しておくことをおすすめします。

大阪市で「粗大ごみ」として処分できないものは?

大阪市では明確に「粗大ごみ」についてルールを定めていますが、仮に大きさなどの条件を満たしていても粗大ごみとして処分できないことがあります。
具体的には、どのような不用品が粗大ごみとして処分できないのでしょうか。

家電リサイクル法指定の製品

仮に大きさなどの基準を満たしていても、家電リサイクル法指定の家電製品は粗大ごみとして処分することができません。
テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機などは専門の業者やメーカー、家電販売店などにリサイクル料金・運搬料を支払って処分する必要があります。
また、パソコンも資源有効利用促進法において、そのまま粗大ごみとして処分することは禁じられています。リサイクルが必要となるので、メーカーや家電量販店などに相談してみましょう。

処理しにくいもの

粗大ごみとしてのサイズを満たしていても、一般的に処理が難しいものは処理場へ持ち込んでも処分してもらえません。
たとえば、ガスボンベや自動車のタイヤ、ミニバイクなどは、処理が難しく処理場では対応外となります。

処分が難しいごみの対処法

処分が難しいごみを手放したい…という場合、大きな選択肢として挙げられるのが「専門業者への依頼」です。
不用品回収業者や遺品整理業者などは、処分の難しいごみも積極的に回収しています。数千円~1万円ほどの費用がかかるものの、自宅まで回収に来てもらえるので非常に便利。
手間なく不用品を処分できるのでおすすめです。

おわりに

大阪市では、粗大ごみの取扱いについてさまざまなルールを設けています。
きちんとルールに沿って処分するためにも、正しく理解を深めて、適切に処分しなければなりません。
まずは、本ページを参考にしながら、大阪市でのごみの処分方法について考えてみてはいかがでしょうか。

監修者:大坂 良太
所有資格:遺品整理士・事件現場特殊清掃士

作業は”丁寧”がモットー。大切な人が遺したものだから、私たちも 大切に扱わせていただきます。遺品にまつわる思い出話をうかがいながら、 一つずつ整理していく。こうした遺品整理の過程が「思い出の整理」となり、 少しでもお客様の心が温かくなればと願っています。

遺品整理・遺品部分整理

まちの遺品整理屋さんは、低価格と安心を両立!

単に安さだけを追求してきれいに片付けるのではなく、故人さま・ご遺族さまの大切な想いが詰まった遺品を、専門スタッフが心を込めて整理いたします。ひとつづつ丁寧に整理することでご遺族の『思い出の整理』となることを目指しております。

人が亡くなった時に必要となる遺品整理。いざという時にあわてないため、事前に準備をしておく方も増えています。
私たち『まちの遺品整理屋さん』は、24時間・365日いつでも受付!お急ぎの方も、お困りの方も、ご相談だけでも大歓迎!「遺品整理認定士」「事件現場特殊清掃士」「古物商」などの資格スタッフが丁寧にご対応いたします。まずはお気軽にご連絡ください。

※上記料金は家財の量により変わります。※ピアノ、金庫、畳、自転車、介護ベット、仏壇、神棚、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコン等別途費用・リサイクル費用が掛かるものがあります。ご相談や見積りは24時間365日無料で受け付けております。まずはお問合せから。詳細はお気軽にお問い合わせください。

遺品整理サービス紹介動画

『まちの遺品整理屋さん』は、おかげ様で創業12 年・1,200 件以上お客様の「思い出の整理」にかかわることができました。地域最安値に挑戦するだけでなく、「遺品整理認定士」「事件現場特殊清掃士」「古物商許可書」などの資格を取得した専門スタッフが、ご対応いたします。

身近な方の死に馴れている人はいません。悲しみに暮れる最中にも関わらず、故人の身辺整理など現実的な問題に直面して困っている方がほとんどでしょう。『まちの遺品整理屋さん』は、24時間365日いつで受付!お見積りだけなら無料で対応。お急ぎの方も、お困りの方も、まずはお気軽にご相談・お問合せください。

ご利用いただいた皆さまから、たくさんのうれしい声をいただいています。いただいたお声は社内でも共有し、さらなるサービスの改善、向上を目指します。

関東圏は東京・千葉・埼玉・神奈川。関西圏は大阪・京都・兵庫・奈良・和歌山・滋賀。まちの遺品整理屋さんは出張無料で訪問お見積り!24時間365日ご相談・お問合せいただけます。まずはお気軽にご連絡ください。

A.遺品整理認定士の資格免許を持ったスタッフが対応いたします。

A.見積もり日に金額をご提示いたします。
また、その場でキャンセルもしていただけます。

A.見積もり金額以外の追加料金がかかることは一切ございません。

A.祝日は金額がかかることはございません。

A.大切なご遺品をご依頼者と確認を取りながら、遺品整理を
進めさせていただきます。ご安心ください。

A.はい。無料で対応させていただきます。

A.もちろん対応できます。お見積もりの際にご相談ください。浴槽自体も外さないといけない場合もございます。そちらも対応可能です。

A.はい、できます。お見積もりの際にご相談ください移動については専門スタッフを手配いたします。また、買取させていただくことも可能です。

遺品整理・不用品回収なら
遺品整理認定協会認定
まち遺品整理屋さん」

まちの遺品整理屋さんは、遺品整理認定協会から「遺品整理士」資格の認定を受け遺品整理業界の健全化に取り組み、適正業務を行っていると認められた協会認定の優良事業所です。

tel:0120-158308

おすすめのお役立ちコラム