密葬と家族葬は何が違うの?それぞれの特徴やメリットを紹介

一般的に似たスタイルとして知られている「密葬」と「家族葬」。いずれも少人数形式の葬儀である点が特徴なので、たびたび同じ葬儀スタイルとして認識されてしまうことがあります。
しかし、密葬と家族葬は似ているようで全く異なる葬儀スタイル。大切な故人の葬儀を行う際には、それぞれの違いを正しく理解したうえで準備をしなければなりません。
そこで、今回は密葬と家族葬の違いや、それぞれのメリットなどについて詳しくお話します。

大阪で遺品整理・生前整理・特殊清掃なら
遺品整理認定協会認定
まち遺品整理屋さん」

まちの遺品整理屋さんは、遺品整理認定協会から「遺品整理士」資格の認定を受け遺品整理業界の健全化に取り組み、適正業務を行っていると認められた協会認定の優良事業所です。

tel:0120-158308

密葬とは

密葬とは、後日にお別れ会や本葬などを行う形式の葬儀です。
参列者が多数となるような故人の場合、大規模な式場を手配したり、大人数の参列者に対するさまざまな準備をしたりしなければなりません。しかし、こういった準備は膨大な時間がかかるのが事実。親族が亡くなった後は、ゆっくりと準備をしている暇がないので、まずは密葬という形で近親者を中心とした小規模な葬儀を行います。
その後に、後日改めて時間を作って、関係者などに参列してもらいます。
ちなみに、この密葬を行うケースとしては、著名人や社長など参列者が数百人~数千人にも及ぶようなときに選ばれることが多いです。

家族葬とは

家族葬は、文字通り家族を中心とした葬儀のことです。とはいえ、必ずしも家族しか参列できないわけではありません。近親者や、故人と関わりの深かった方(親友や恩師など)も葬儀に参列するケースもあります。
家族葬という名称であっても、葬儀の流れは一般的なものと大差はありません。僧侶による読経や、焼香、出棺、火葬など基本的な工程は全て行います。

密葬のメリット

密葬と家族葬とでは、挙げられるメリットが大きく異なります。
似たような形式の密葬と家族葬ではありますが、それぞれどのようなメリットがあるのでしょうか。
まずは、密葬のメリットからご紹介します。

近親者だけでゆっくりと時間をとることができる

密葬のメリットは、まず近親者だけで時間をとれることです。
故人にファンや関係者が多かったりすると、挨拶に追われてなかなか近親者だけで故人を偲ぶことができません。葬儀当日は、いろいろな対応に追われてしまい、故人との別れに時間をかけることも難しくなってしまいます。
しかし、密葬であれば近親者だけで故人との別れの時間を過ごすことができます。故人の顔を見ながら、近親者同士で思い出話をしたり、故人に感謝の気持ちを伝えたりできたりするのは嬉しいメリットではないでしょうか。

希望者にもお別れの機会を設けられる

密葬は、後日に改めて本葬やお別れ会などを行うので、「故人を偲びたい」「最期に故人へ挨拶をしたい」など希望者にもお別れの機会を設けることができます。
事情により密葬には呼べなくても、後日の本葬・お別れ会であれば多くの人に参列してもらえるもの。知人や友人、ファン、仕事関係など、関わりのある方が多い場合には、密葬は適した選択肢といえます。

時間をかけて本葬(もしくはお別れ会)を準備できる

親族が亡くなったら、なるべく早めに葬儀を行うことが重要です。大規模な葬儀を急いで準備するとなると、遺族の手間や負担は計り知れないものとなるでしょう。そのうえ、葬儀の準備で忙しくなり、故人の死に悲しんでいる暇もなくなってしまいます。
しかし、密葬であれば、本葬やお別れ会を後日行うため、仮に大規模になっても、時間をかけて準備することができます。
故人が亡くなった後、落ち着いたら本葬・お別れ会を実施したいといったものでも問題はありません。

家族葬のメリット

家族葬には、他にはないメリットが多くあります。
家族葬に興味があるものの、メリットがわからず悩んでいる…という方は参考にしてみてください。

家族だけで時間をとれる

家族葬の大きなメリットは、家族だけで時間をとれる点です。
親族との最期の時間くらいはゆっくりと過ごしたいと考える方が少なくありません。一般的な葬儀のように、故人の友人や知人、仕事関係の方などが参列すると、一人ひとりに丁寧に挨拶を述べなければならず、葬儀当日は忙しくなってしまいます。
しかし、家族葬であれば、家族などの近親者や関係の深い方々のみに限定して葬儀を行えるので、一般的な葬儀にありがちな忙しさがありません。

葬儀の費用が安価になりやすい

葬儀の費用が安価になりやすい点は、家族葬のメリットの一つです。
参列者が少ない分、食事の準備なども少なく済むのが特徴。当然、一般的な葬儀よりも費用は安価になる傾向にあります。
ただし、参列者が少ない分、香典も少なくなるので葬儀費用の支払い負担は大きくなることも考えられます。
費用面のメリットを重視するのであれば、香典の分もきちんと視野に入れたうえで計画を立てることが重要です。

準備の手間や負担を軽減できる

家族葬は、密葬とは異なり後日に改めて本葬やお別れ会を行うことはありません。そのため、準備の手間や負担は家族葬のみで済みます。
そのうえ、家族葬は小規模な葬儀なので、こちらの手間や負担も比較的少なく済むのが魅力です。
家族が亡くなってすぐに、葬儀の手配をするのは心身への負担が大きいもの。少しでも軽減したいなら、家族葬がおすすめです。

おわりに

今回は、密葬と家族葬の違い、それぞれのメリットについてお話しました。
いずれも、一般的な葬儀と比べると「規模が小さい」といった共通点がありますが、より具体的な形式を見ていくと大きな違いがあることがわかります。
現在、密葬と家族葬について調べている方は、上記をきちんと把握したうえで適切な形式を検討してみてください。

監修者:大坂 良太
所有資格:遺品整理士・事件現場特殊清掃士

作業は”丁寧”がモットー。大切な人が遺したものだから、私たちも 大切に扱わせていただきます。遺品にまつわる思い出話をうかがいながら、 一つずつ整理していく。こうした遺品整理の過程が「思い出の整理」となり、 少しでもお客様の心が温かくなればと願っています。

遺品整理・遺品部分整理

まちの遺品整理屋さんは、低価格と安心を両立!

単に安さだけを追求してきれいに片付けるのではなく、故人さま・ご遺族さまの大切な想いが詰まった遺品を、専門スタッフが心を込めて整理いたします。ひとつづつ丁寧に整理することでご遺族の『思い出の整理』となることを目指しております。

人が亡くなった時に必要となる遺品整理。いざという時にあわてないため、事前に準備をしておく方も増えています。
私たち『まちの遺品整理屋さん』は、24時間・365日いつでも受付!お急ぎの方も、お困りの方も、ご相談だけでも大歓迎!「遺品整理認定士」「事件現場特殊清掃士」「古物商」などの資格スタッフが丁寧にご対応いたします。まずはお気軽にご連絡ください。

※上記料金は家財の量により変わります。※ピアノ、金庫、畳、自転車、介護ベット、仏壇、神棚、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコン等別途費用・リサイクル費用が掛かるものがあります。ご相談や見積りは24時間365日無料で受け付けております。まずはお問合せから。詳細はお気軽にお問い合わせください。

遺品整理サービス紹介動画

『まちの遺品整理屋さん』は、おかげ様で創業12 年・1,200 件以上お客様の「思い出の整理」にかかわることができました。地域最安値に挑戦するだけでなく、「遺品整理認定士」「事件現場特殊清掃士」「古物商許可書」などの資格を取得した専門スタッフが、ご対応いたします。

身近な方の死に馴れている人はいません。悲しみに暮れる最中にも関わらず、故人の身辺整理など現実的な問題に直面して困っている方がほとんどでしょう。『まちの遺品整理屋さん』は、24時間365日いつで受付!お見積りだけなら無料で対応。お急ぎの方も、お困りの方も、まずはお気軽にご相談・お問合せください。

ご利用いただいた皆さまから、たくさんのうれしい声をいただいています。いただいたお声は社内でも共有し、さらなるサービスの改善、向上を目指します。

関東圏は東京・千葉・埼玉・神奈川。関西圏は大阪・京都・兵庫・奈良・和歌山・滋賀。まちの遺品整理屋さんは出張無料で訪問お見積り!24時間365日ご相談・お問合せいただけます。まずはお気軽にご連絡ください。

A.遺品整理認定士の資格免許を持ったスタッフが対応いたします。

A.見積もり日に金額をご提示いたします。
また、その場でキャンセルもしていただけます。

A.見積もり金額以外の追加料金がかかることは一切ございません。

A.祝日は金額がかかることはございません。

A.大切なご遺品をご依頼者と確認を取りながら、遺品整理を
進めさせていただきます。ご安心ください。

A.はい。無料で対応させていただきます。

A.もちろん対応できます。お見積もりの際にご相談ください。浴槽自体も外さないといけない場合もございます。そちらも対応可能です。

A.はい、できます。お見積もりの際にご相談ください移動については専門スタッフを手配いたします。また、買取させていただくことも可能です。

遺品整理・不用品回収なら
遺品整理認定協会認定
まち遺品整理屋さん」

まちの遺品整理屋さんは、遺品整理認定協会から「遺品整理士」資格の認定を受け遺品整理業界の健全化に取り組み、適正業務を行っていると認められた協会認定の優良事業所です。

tel:0120-158308

おすすめのお役立ちコラム