葬儀や告別式での喪主の挨拶|タイミングや内容、注意点について

喪主を務めることが決まったら、葬儀や告別式での「挨拶」に備えた準備が必要となります。
多くの方が、喪主の役割は初めてであるため、どのような手順となるのか、どのように挨拶を進めればいいのかはわからないもの。
とはいえ、スムーズな進行のためにも、葬儀や告別式での挨拶の流れや挨拶のタイミングはきちんと把握しておかなければなりません。
そこで、今回は喪主が初めての方へ向けて、役割や挨拶のタイミング、挨拶の内容など、幅広くご紹介します。

大阪で遺品整理・生前整理・特殊清掃なら
遺品整理認定協会認定
まち遺品整理屋さん」

まちの遺品整理屋さんは、遺品整理認定協会から「遺品整理士」資格の認定を受け遺品整理業界の健全化に取り組み、適正業務を行っていると認められた協会認定の優良事業所です。

tel:0120-158308

葬儀や告別式における喪主の役割とは

そもそも、喪主を務めることになった場合、葬儀や告別式ではどのような役割があるのかをご存じですか?
まず、喪主は葬式や告別式における遺族の代表のような立ち位置です。遺族の代表として、参列者へ挨拶をしたり、感謝の気持ちを述べたりしなければなりません。
重要な立ち位置となるので、初めて喪主を務める方としてはやや緊張することも多いです。
しかし、必ずしも一人で立ちまわる必要はなく、困ったときには葬儀会社にサポートをお願いしたり、他の親族に相談をしたりしながら、喪主としての役割を無理なく担うことも可能です。

【葬儀・告別式】喪主が挨拶するのはいつ?

葬儀や告別式では、喪主が挨拶をするシーンが4回あります。
きちんと挨拶のタイミングを把握しておかないと、思わぬタイミングで挨拶を求められ、「何を話したらいいのかわからない」と不安になってしまうことも考えられます。
喪主となったら、どのようなタイミングで挨拶を行うのか、以下を参考にしておきましょう。

通夜の終了後

喪主が最初に挨拶を行うタイミングは通夜の終了後です。
通夜では、故人と深いかかわりのある方が参列します。親族や近親者、会社関係、故人の親友などが挙げられるでしょう。
通夜が終わったら、これらの方々に対して、弔問に対する感謝の気持ちを述べると同時に、通夜振る舞いの案内について説明をするのが一般的です。
故人に対する長い挨拶は不要なので、ここでは簡単に済ませるようなイメージで問題ありません。

通夜振る舞い

通夜が終了したら、次に通夜振る舞いを行います。この「通夜振る舞い」のタイミングでも、喪主は挨拶が必要です。
会食を始める前に、まずは参列や弔問に関する感謝の気持ちを丁寧に述べます。そのうえで、食事やお酒と共に、故人の思い出話などで花を咲かせていただくよう挨拶のときに伝えましょう。
通夜振る舞いとしての会食が終了したら、閉式のようなイメージで簡単に締めの挨拶を行います。話す内容は主に「通夜振る舞いへの参加のお礼」「故人の想いの代弁(故人も喜んでいると思いますなど)」「翌日の葬儀の案内」などです。

告別式・出棺

通夜の翌日の告別式・出棺では、参列してくださった方へ改めて感謝の気持ちを述べます。
告別式で初めて足を運んでくれた方、前日の通夜にも足を運んでくれた方などへのお礼などを、喪主の挨拶としてきちんと伝えます。また、故人が生前お世話になったことについても、故人に代わってお伝えすることも重要です。
なお、告別式・出棺での挨拶は、あらかじめメモをしておくことをおすすめします。いざ挨拶の場になると、「何から話そう」と迷ってしまうもの。また、人前に立った緊張感で、なかなか言葉が出てこないこともあります。
メモした挨拶文をそのまま読み上げても問題ないので、不安な方はメモを持参して挨拶に臨むこともおすすめです。

精進落とし

喪主を務めることになったときの挨拶のタイミングとして、「精進落とし」があります。
一般的には、火葬の後に取り入れることが多い精進落とし。葬儀が無事に終了したことの報告や、参列へのお礼などを述べることが多いです。
また、今後も遺族をよろしくお願いします、といったように今後についても軽く触れておくケースもあります。

葬儀や告別式での喪主の挨拶内容

喪主が挨拶を行うにあたり、具体的にどのような内容で話せばいいのかは悩むところです。
挨拶文に悩む方は、以下を参考にしてみてください。

「夫(もしくは妻など)の○○と申します。
本日は、お忙しい中、ご会葬いただきありがとうございます。
1年前に発病をしてからというもの、長い闘病生活を送ってきましたが、○月○日に逝去いたしました。
最期は、家族全員で妻を囲むようにして看取ることができました。
私たち家族はもちろんのこと、たくさんの人々に愛されてきた妻が、幸せな人生を送れたのは、皆さまのお陰でもあります。深く感謝を申し上げます。
妻は帰らぬ人となりましたが、これからも家族で力を合わせていきたいと考えています。これまで同様、変わらぬご厚情を賜りますようお願い申し上げます」

上記の挨拶文に加え、シーンに応じて「食事を用意しておりますので…」「明日は○時に葬儀・告別式を執り行いますので…」など、次の案内についても触れておくといいでしょう。

【喪主向け】葬儀・告別式で挨拶をする際の注意点

葬儀や告別式で挨拶をするにあたり、喪主として知っておきたい注意点があります。
滞りなく挨拶を済ませることができるよう、以下のポイントをおさえておきましょう。

・読経に来てくださった僧侶にも挨拶する
・家族葬でも挨拶を行う(近親者以外)
・挨拶文は長くなりすぎないようにする

上記をふまえ、マナー違反にならないように、喪主は挨拶を行うことが大切です。

おわりに

初めて喪主を務めることとなり、「何を話せばいいのか」と悩む方は少なくありません。
普段、人前に立つことが少なければ、緊張してしまうこともあるでしょう。
しかし、あらかじめ「どのように挨拶をするのか」などをきちんと把握しておけば、準備をしておけますし、当日の流れをイメージしておくこともでき、過度に緊張することもなくなります。
ぜひ、今回ご紹介した内容を参考にしながら、堂々と喪主を務めてくださいね。

監修者:大坂 良太
所有資格:遺品整理士・事件現場特殊清掃士

作業は”丁寧”がモットー。大切な人が遺したものだから、私たちも 大切に扱わせていただきます。遺品にまつわる思い出話をうかがいながら、 一つずつ整理していく。こうした遺品整理の過程が「思い出の整理」となり、 少しでもお客様の心が温かくなればと願っています。

遺品整理・遺品部分整理

まちの遺品整理屋さんは、低価格と安心を両立!

単に安さだけを追求してきれいに片付けるのではなく、故人さま・ご遺族さまの大切な想いが詰まった遺品を、専門スタッフが心を込めて整理いたします。ひとつづつ丁寧に整理することでご遺族の『思い出の整理』となることを目指しております。

人が亡くなった時に必要となる遺品整理。いざという時にあわてないため、事前に準備をしておく方も増えています。
私たち『まちの遺品整理屋さん』は、24時間・365日いつでも受付!お急ぎの方も、お困りの方も、ご相談だけでも大歓迎!「遺品整理認定士」「事件現場特殊清掃士」「古物商」などの資格スタッフが丁寧にご対応いたします。まずはお気軽にご連絡ください。

※上記料金は家財の量により変わります。※ピアノ、金庫、畳、自転車、介護ベット、仏壇、神棚、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコン等別途費用・リサイクル費用が掛かるものがあります。ご相談や見積りは24時間365日無料で受け付けております。まずはお問合せから。詳細はお気軽にお問い合わせください。

遺品整理サービス紹介動画

『まちの遺品整理屋さん』は、おかげ様で創業12 年・1,200 件以上お客様の「思い出の整理」にかかわることができました。地域最安値に挑戦するだけでなく、「遺品整理認定士」「事件現場特殊清掃士」「古物商許可書」などの資格を取得した専門スタッフが、ご対応いたします。

身近な方の死に馴れている人はいません。悲しみに暮れる最中にも関わらず、故人の身辺整理など現実的な問題に直面して困っている方がほとんどでしょう。『まちの遺品整理屋さん』は、24時間365日いつで受付!お見積りだけなら無料で対応。お急ぎの方も、お困りの方も、まずはお気軽にご相談・お問合せください。

ご利用いただいた皆さまから、たくさんのうれしい声をいただいています。いただいたお声は社内でも共有し、さらなるサービスの改善、向上を目指します。

関東圏は東京・千葉・埼玉・神奈川。関西圏は大阪・京都・兵庫・奈良・和歌山・滋賀。まちの遺品整理屋さんは出張無料で訪問お見積り!24時間365日ご相談・お問合せいただけます。まずはお気軽にご連絡ください。

A.遺品整理認定士の資格免許を持ったスタッフが対応いたします。

A.見積もり日に金額をご提示いたします。
また、その場でキャンセルもしていただけます。

A.見積もり金額以外の追加料金がかかることは一切ございません。

A.祝日は金額がかかることはございません。

A.大切なご遺品をご依頼者と確認を取りながら、遺品整理を
進めさせていただきます。ご安心ください。

A.はい。無料で対応させていただきます。

A.もちろん対応できます。お見積もりの際にご相談ください。浴槽自体も外さないといけない場合もございます。そちらも対応可能です。

A.はい、できます。お見積もりの際にご相談ください移動については専門スタッフを手配いたします。また、買取させていただくことも可能です。

遺品整理・不用品回収なら
遺品整理認定協会認定
まち遺品整理屋さん」

まちの遺品整理屋さんは、遺品整理認定協会から「遺品整理士」資格の認定を受け遺品整理業界の健全化に取り組み、適正業務を行っていると認められた協会認定の優良事業所です。

tel:0120-158308

おすすめのお役立ちコラム