不用品を寄付してみよう!主な寄付先や知っておくべき注意点

使わなくなった不用品の処分方法の一つに「寄付」があります。
「自分は使わないけれどまだ使える不用品」であれば、捨てるのは勿体ないもの。寄付であれば、まだ使えるものを別の方へ使ってもらうことができます。
なかには、経済的な事情で購入が難しい…と悩んでいる方もいるかもしれません。そういった方への支援にもつながるのが、寄付の魅力です。
とはいえ、「寄付先ってどんなところがあるの?」といった疑問も多いのが事実。そこで、今回は不用品の寄付先や、寄付する際の注意点などについて触れていきます。

大阪で遺品整理・生前整理・特殊清掃なら
遺品整理認定協会認定
まち遺品整理屋さん」

まちの遺品整理屋さんは、遺品整理認定協会から「遺品整理士」資格の認定を受け遺品整理業界の健全化に取り組み、適正業務を行っていると認められた協会認定の優良事業所です。

tel:0120-158308

不要品はどこに寄付できるの?

不用品の寄付を思い立ったものの、「そもそもどこに寄付できるの?」と疑問を感じている方へ向けて、さっそく主な寄付先をご紹介します。
「どんな人に使ってほしいのか」「どのように活用されたいか」などをイメージしながらチェックしていきましょう。

発展途上国への支援を行っている団体

不用品の寄付を受け付けている団体として、まず挙げられるのが発展途上国への支援を行っている団体です。
発展途上国の学校や病院などに対して、不用品の提供を行っていることがあります。物資が少ない発展途上国にとって、日本の不用品は貴重なものなので、「困っている人に使ってほしい」と考えている方は検討してみてください。

動物愛護団体

動物の保護や里親の募集などを行っている動物愛護団体でも不用品の回収を行っています。
シャンプーした後や、保護時の汚れ落としとして使うタオル、ケース内に敷く毛布などいろいろな不用品を募集しています。
また、ペットが成長して使わなくなったペット用品などの寄付も受け付けていることがあるので、問い合わせてみるといいでしょう。

民間のボランティア団体

貧困に悩む家庭への支援や、高齢者の生活を支える活動などを行っている民間のボランティア団体へ、不用品を寄付できる場合があります。
活動内容や事業内容などによって受け付けている寄付は異なりますが、家電製品や不要になった綺麗な服、家具などは重宝される傾向にあります。
地域によってボランティア団体の事業内容などは異なるので、ホームページで確認してみたり、実際に問い合わせたりして、適した不用品を把握してください。

福祉施設など

不用品を寄付する際、選択肢として福祉に関する施設があります。たとえば、市民活動センター、学校、社会福祉協議会などでは、寄付を募っていることが多いです。集まった不用品をバザーで販売したり、必要な人へ贈ったりするなど、さまざまな活動を行っています。
地域によって、寄付を募集している時期や寄付を受け付けているものなどが異なるので、情報収集を行ったうえで寄付を行いましょう。

寄付できる不用品はどんなもの?

寄付できる不用品は、寄付先によって異なります。発展途上国を支援している団体であれば、学校で使えるもの、子ども用品、食器、介護用品などを募集していることが多いです。
必ずしも「使わないもの全て」が対象となるわけではないので、寄付をする際には、どのような不用品が寄付できるのかをきちんと確認しておく必要があります。
寄付先を問わず、比較的歓迎されやすい不用品としては、「家電製品」「デジタル機器(パソコンなど)」「おもちゃ関連」「スポーツ用品」などです。

寄付できない不用品について

「まだ使える不用品」であっても、寄付できないものがあります。それが、使い古した衣類や危険物(ライターやスプレーなど)、ガラスなどの割れやすいものです。
使い古した衣類は、仮に貧困世帯や発展途上国であっても、求められているものではありません。「ボロボロの服」「使用済みの下着」などは、状態の良さに関わらず寄付できないことがほとんどです。
また、危険物は郵送中の事故や寄付先でのトラブルを避けるためにも、寄付を受け付けていないことが多いので注意しましょう。
なお、ガラス製品のような割れやすいものも、寄付としては不適切です。

不用品を寄付する際の注意点

不用品を寄付するにあたり注意しなければならないのが、「そもそもどのような寄付を募集しているのかを確認すること」です。
「自分が使わないから」「きっと寄付先で喜んでもらえるから」など、一方的な理由や自己判断で不用品を送り付けても、寄付先が困惑してしまうことがあります。
団体ごとに必要としている物資は異なるので、あらかじめどのような物資を求めているのかをリサーチしておき、寄付先に迷惑がかからないようにしておきましょう。

おわりに

不用品の寄付は、使わなくなったものに再度活躍の場を与えます。地球環境にもやさしいですし、困っている人の支援にもつながるので、廃棄する前に検討してほしい選択肢でもあります。
しかし、一方で「受け入れられない不用品」もあるので注意が必要です。
不用品の寄付を検討している方は、寄付先の情報を収集したり、寄付できない不用品の理解を深めたうえで、適切に寄付を行ってください。

監修者:大坂 良太
所有資格:遺品整理士・事件現場特殊清掃士

作業は”丁寧”がモットー。大切な人が遺したものだから、私たちも 大切に扱わせていただきます。遺品にまつわる思い出話をうかがいながら、 一つずつ整理していく。こうした遺品整理の過程が「思い出の整理」となり、 少しでもお客様の心が温かくなればと願っています。

遺品整理・遺品部分整理

まちの遺品整理屋さんは、低価格と安心を両立!

単に安さだけを追求してきれいに片付けるのではなく、故人さま・ご遺族さまの大切な想いが詰まった遺品を、専門スタッフが心を込めて整理いたします。ひとつづつ丁寧に整理することでご遺族の『思い出の整理』となることを目指しております。

人が亡くなった時に必要となる遺品整理。いざという時にあわてないため、事前に準備をしておく方も増えています。
私たち『まちの遺品整理屋さん』は、24時間・365日いつでも受付!お急ぎの方も、お困りの方も、ご相談だけでも大歓迎!「遺品整理認定士」「事件現場特殊清掃士」「古物商」などの資格スタッフが丁寧にご対応いたします。まずはお気軽にご連絡ください。

※上記料金は家財の量により変わります。※ピアノ、金庫、畳、自転車、介護ベット、仏壇、神棚、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコン等別途費用・リサイクル費用が掛かるものがあります。ご相談や見積りは24時間365日無料で受け付けております。まずはお問合せから。詳細はお気軽にお問い合わせください。

遺品整理サービス紹介動画

『まちの遺品整理屋さん』は、おかげ様で創業12 年・1,200 件以上お客様の「思い出の整理」にかかわることができました。地域最安値に挑戦するだけでなく、「遺品整理認定士」「事件現場特殊清掃士」「古物商許可書」などの資格を取得した専門スタッフが、ご対応いたします。

身近な方の死に馴れている人はいません。悲しみに暮れる最中にも関わらず、故人の身辺整理など現実的な問題に直面して困っている方がほとんどでしょう。『まちの遺品整理屋さん』は、24時間365日いつで受付!お見積りだけなら無料で対応。お急ぎの方も、お困りの方も、まずはお気軽にご相談・お問合せください。

ご利用いただいた皆さまから、たくさんのうれしい声をいただいています。いただいたお声は社内でも共有し、さらなるサービスの改善、向上を目指します。

関東圏は東京・千葉・埼玉・神奈川。関西圏は大阪・京都・兵庫・奈良・和歌山・滋賀。まちの遺品整理屋さんは出張無料で訪問お見積り!24時間365日ご相談・お問合せいただけます。まずはお気軽にご連絡ください。

A.遺品整理認定士の資格免許を持ったスタッフが対応いたします。

A.見積もり日に金額をご提示いたします。
また、その場でキャンセルもしていただけます。

A.見積もり金額以外の追加料金がかかることは一切ございません。

A.祝日は金額がかかることはございません。

A.大切なご遺品をご依頼者と確認を取りながら、遺品整理を
進めさせていただきます。ご安心ください。

A.はい。無料で対応させていただきます。

A.もちろん対応できます。お見積もりの際にご相談ください。浴槽自体も外さないといけない場合もございます。そちらも対応可能です。

A.はい、できます。お見積もりの際にご相談ください移動については専門スタッフを手配いたします。また、買取させていただくことも可能です。

遺品整理・不用品回収なら
遺品整理認定協会認定
まち遺品整理屋さん」

まちの遺品整理屋さんは、遺品整理認定協会から「遺品整理士」資格の認定を受け遺品整理業界の健全化に取り組み、適正業務を行っていると認められた協会認定の優良事業所です。

tel:0120-158308

おすすめのお役立ちコラム