空き家の実家を解体したい!費用や業者選びのポイントを解説

親が死亡したり、引っ越したりしたことで、実家が空き家になるケースは珍しくありません。
しかし、空き家の状態を放置すると、コストが発生したり、思わぬトラブルを招いたりするので好ましくないのが事実。空き家になったら解体しておくことをおすすめします。
そこで、今回は空き家になった実家を解体するにあたり、必要な費用について解説。予算と照らし合わせながら、今後の計画を立ててみてください。

大阪で遺品整理・生前整理・特殊清掃なら
遺品整理認定協会認定
まち遺品整理屋さん」

まちの遺品整理屋さんは、遺品整理認定協会から「遺品整理士」資格の認定を受け遺品整理業界の健全化に取り組み、適正業務を行っていると認められた協会認定の優良事業所です。

tel:0120-158308

空き家の実家を解体するメリット

空き家となった実家は、必ずしも解体しなければならないわけではありません。そのまま建物を残しておくことも可能です。
それでも、実家を解体するメリットがあります。具体的に、どのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

トラブルを未然に防げる

空き家となった実家を解体することで、トラブルを未然に防ぐことにつながります。
実家が空き家になったまま放置すると、徐々に老朽化してしまうでしょう。強風が吹いたときに建物の一部が飛ばされて近隣住民の家を傷つけてしまうかもしれません。もしくは、吹き飛んだ建物の一部が歩行者にぶつかることも考えられます。
「急ぎではないから…」と放置すると、深刻なトラブルを招くこともあるので、早めの解体をおすすめします。

メンテナンスの必要がない

空き家は、解体することでメンテナンスの手間や時間が一切必要なくなります。
誰も住んでいないとはいえ、敷地の雑草が伸び放題になったり、建物が老朽化で崩れていくのを放置するのは好ましくありません。
野生動物が集まったり、不法侵入者を招いたりしてしまう可能性があるからです。また、一切メンテナンスされず放置された空き家は、状態によっては行政からの指導を受けることになります。
しかし、空き家を解体すれば、想定されるトラブルは回避できるので、適切にメンテナンスができるか不安な方は解体を検討しましょう。

土地を活用できるようになる

空き家を解体することで、その土地を別の用途で活用できるようになります。
たとえば、新しく賃貸物件を建設して収益物件として活用したり、第三者に土地を売却したりするなど、いろいろな活用方法を取り入れることができます。
せっかく土地があるなら、空き家のまま放置するのはもったいないもの。ぜひ、解体して別の用途で活用し、収益を得てみてはいかがでしょうか。

空き家の実家を解体する際の費用

空き家の実家を解体する場合、どれくらいの費用がかかるのかはあまり知られていません。
大きく「木造住宅」「鉄筋コンクリート造の住宅」で費用に差があるので、以下を参考にしてみましょう。

木造住宅の場合

空き家が木造住宅の場合、解体費用は1坪あたり3万円~5万円が相場です。
木造住宅は、比較的解体が容易な構造なので、後述する鉄筋コンクリート造の住宅よりも安価な費用で解体を依頼できます。
ただし、住宅の構造が複雑であったり、住宅の規模が大きかったりするなど、状況によっては相場よりも高額になる場合があります。

鉄筋コンクリート造の住宅の場合

鉄筋コンクリート造の住宅であれば、解体費用は1坪あたりおよそ5万~8万円ほどです。
木造住宅と比べると、解体に手間がかかるので比較的高額な料金となる傾向にあります。
なお、鉄筋コンクリート造の住宅に限らず、建物の解体では防音やホコリ対策のための費用も別途で請求される場合があるので注意してください。
依頼する際には、費用内に含まれるサービスをしっかりと確認し、追加費用などが発生しないかをよく聞いておきましょう。

空き家の解体業者を選ぶポイント

空き家の解体業者を選ぶ場合、どのようなポイントに着目して選べばいいのでしょうか。
ここからは、解体業者選びに悩んでいる方へ向けて、確認すべきポイントをご紹介します。

サービス内容の幅広さ

空き家の解体業者を選ぶ際には、まずサービス内容の幅広さをチェックしてください。
たとえば、空き家の中に家具などが残っている場合「不用品の回収も行ってくれるか」も視野に入れて選ぶといいでしょう。解体業者によっては、解体作業だけではなく不用品回収や買取を行っている場合もあります。
1社だけで必要な作業を全て対応してもらえるので、サービス範囲の広い業者を選ぶと便利です。

コストパフォーマンスの高さ

空き家の解体にかかる費用は、業者によって異なるのが事実。そんため、複数の業者から見積もりをとり、コスト面を比較して選ぶことをおすすめします。
同じ解体作業であっても、業者によっては数万円もしくは10万円以上費用に差がある場合も珍しくありません。
解体作業は決して安価なサービスではないので、しっかりと情報収集を重ねたうえで業者を選びましょう。

おわりに

本ページでは、空き家になった実家の解体費用や、業者選びのポイントなどについてご紹介しました。
空き家の放置は思わぬトラブルにつながるので、早めに解体しておくことが大切です。とはいえ、費用面が不明確では解体の依頼に踏み切れないもの。
今回ご紹介した内容を参考にしながら、空き家の解体計画を立ててみてはいかがでしょうか。

監修者:大坂 良太
所有資格:遺品整理士・事件現場特殊清掃士

作業は”丁寧”がモットー。大切な人が遺したものだから、私たちも 大切に扱わせていただきます。遺品にまつわる思い出話をうかがいながら、 一つずつ整理していく。こうした遺品整理の過程が「思い出の整理」となり、 少しでもお客様の心が温かくなればと願っています。

遺品整理・不用品回収なら
遺品整理認定協会認定
まち遺品整理屋さん」

まちの遺品整理屋さんは、遺品整理認定協会から「遺品整理士」資格の認定を受け遺品整理業界の健全化に取り組み、適正業務を行っていると認められた協会認定の優良事業所です。

tel:0120-158308

おすすめのお役立ちコラム