孤独死を防ぐための対策法

近年、少子高齢化社会が進む中、一人暮らしの高齢者が寂しく孤独死を迎えてしまうケースが増えています。
人付き合いや社会との関わりがほとんどない人。
持病があり健康状態から身動きを取るのが難しい人。
家族同士の付き合いがない、もしくは疎遠である人。
配偶者が先に死んでしまい一人暮らしをしている人。
上記のに該当する方は注意が必要です。
孤独死は年々件数も増えてきており、対策は社会問題として大きく取り上げられ、孤独死対策の必要性を感じている方も多いのではないのでしょうか?
では、どうすれば高齢者の孤独死を未然に防ぐことができるのか予防策を紹介していきます。

◎自治体の見守りサービスを利用する
孤独死を防ぐために、地域のボランティアが一人暮らしの高齢者住まいをときどき訪れて見守りや声かけをしたり、電話で定期的に安否確認を行うサービスです。 災害時の連絡にも有効で、孤独死の対策を考える上で検討してみても良いでしょう。

◎訪問サービスや宅配弁当を利用する
家事の手伝いや食事の配達など、定期的に自宅に来て生活をサポートしてくれるサービスを利用するのもオススメです。
もし病気で動けなくなったり倒れたりした場合、早く気づいてもらえる可能性が高まります。
お弁当を宅配してくれるサービスもあり、栄養管理をしっかりと行っているので健康面も安否確認も兼ねており安心です。

◎スマホの見守りアプリを利用する
GPS機能を使って、離れて暮らす家族や友だちのスマホに、居場所や動きがわかるアプリ。
長時間同じ場所から動かない、散歩コースを通らないなど、異常を察知でき短時間で異常に気づいてもらえます。

◎通所サービスなどを利用する
見守られるだけでは不安、という人は定期的に通う場所をつくるのをオススメします。
車で送迎もしてくれるデイサービス、デイケアなどに通えば、定期的に自宅に人が訪れてくれる安心感や通った先でたくさんの人と触れ合う楽しさがあります。

◎老人ホーム、高齢者向け住宅などの施設に入居する
究極の孤独死対策として、シニア向けの施設に入居してしまうという方法もあります。
老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅なら、介護や看護の環境も整っていますので、突然病気で倒れた場合でも安心です。
入居者と交流できるイベントをたくさん行なっている施設を選べば、寂しさと無縁の楽しいシニアライフを迎えられるでしょう。

◎家族と連絡をとる
孤独死の対策として大切なのが家族と連絡をとることです。 遠方に住んでいる場合もあるとは思いますが、できるだけ定期的に連絡をとることで体調の変化や安否がわかります。
ご高齢の方の孤独を防ぐには、やはり身内であるご家族のサポートや関りが一番だと言えるでしょう。

孤独死の原因は様々なのですが共通しているのが、社会から孤立していることです。
孤独にならない、させないように地域とのコミュニケーションや、家族との連絡など、今からでもできる孤独死対策がたくさんあります。
何ができるかを考えていけば、その方に合った答えが見つかるのかもしれません。

大阪で遺品整理・生前整理・特殊清掃なら
遺品整理認定協会認定
まち遺品整理屋さん」

まちの遺品整理屋さんは、遺品整理認定協会から「遺品整理士」資格の認定を受け遺品整理業界の健全化に取り組み、適正業務を行っていると認められた協会認定の優良事業所です。

おすすめのお役立ちコラム