遺品整理をするタイミング

遺品整理をする時期やタイミングについて考えてみましょう。
例えば、四十九日、1周期、3回忌などの法事が最適と言われています。
なぜなら、親族が集まるので、両親の兄弟・姉妹に生前のようすを聞きながら、遺品整理ができるメリットがあります。
時間の経過が心を穏やかにし、みんなで思い出話を語りながら整理してみると、寂しさもまぎれるかもしれません。

遺族にとっては、どうしても感情移入をしてしまい、遺品整理が進まない。。。
そんなときは、遺品整理士などの専門業者に依頼するのも選択肢として考えておきましょう。
第三者と一緒に行うことで寂しさがまぎれますし、何を残して何を捨てるべきかアドバイスをもらうこともできます。

大阪で遺品整理・生前整理・特殊清掃なら
遺品整理認定協会認定
まち遺品整理屋さん」

まちの遺品整理屋さんは、遺品整理認定協会から「遺品整理士」資格の認定を受け遺品整理業界の健全化に取り組み、適正業務を行っていると認められた協会認定の優良事業所です。

おすすめのお役立ちコラム