老前整理と生前整理の違い

まず、「生前整理」とは何かというと、これは、自分が亡くなる前に死後残される家族が相続や遺品整理などで苦労しないよう、財産などをあらかじめ整理することを言います。
他人に迷惑をかけないことを目的としているのが特徴です。
いっぽう、「老前整理」とは、老いに備えて行う整理のことを言います。
死に備えて行う「生前整理」とは違い、自分が元気なうちに、不要なものは整理してしまおう、という考え方です。
これから生きていくための整理であり、何歳からでも始められるのが特徴です。

また、「老前整理」は自分のために行う整理です。自分の死後、残された家族のために行う「生前整理」とはまた大きく異なります。
「老前整理」を行うことで「生前整理」の身体的負担を減らすという意味でも良いことでしょう。
どちらも、必要な作業であることには変わりありません。
なるべく早いうちに取り組むことをおすすめいたします。 生前整理は「家族」のため、老前整理は「自分」のためとの意味合いが強いです。

監修者:大坂 良太
所有資格:遺品整理士・事件現場特殊清掃士

作業は”丁寧”がモットー。大切な人が遺したものだから、私たちも 大切に扱わせていただきます。遺品にまつわる思い出話をうかがいながら、 一つずつ整理していく。こうした遺品整理の過程が「思い出の整理」となり、 少しでもお客様の心が温かくなればと願っています。

遺品整理・部屋の片づけなら
遺品整理認定協会認定
まち遺品整理屋さん」

まちの遺品整理屋さんは、遺品整理認定協会から「遺品整理士」資格の認定を受け遺品整理業界の健全化に取り組み、適正業務を行っていると認められた協会認定の優良事業所です。

tel:0120-158308

おすすめのお役立ちコラム