老前整理とは?始める目安時期や方法、ポイント

年を重ねるにつれて現実的に感じてくるようになるのが「自分の老後」ではないでしょうか。 最近は「老前整理」として、自分の老後に備えた対策を行う方も増えていますが、一方で「まだ早いのでは」と感じる方もいるでしょう。 そこで、本ページでは「老前整理」の概要をはじめ、「老前整理をスタートする目安時期」「老前整理の方法」などについてご紹介します。 自分の老後に備えるためにも、ぜひ参考にしてみてください。

大阪で遺品整理・生前整理・特殊清掃なら
遺品整理認定協会認定
まち遺品整理屋さん」

まちの遺品整理屋さんは、遺品整理認定協会から「遺品整理士」資格の認定を受け遺品整理業界の健全化に取り組み、適正業務を行っていると認められた協会認定の優良事業所です。

tel:0120-158308

老前整理とは

老前整理とは、文字通り「老いる前の身辺整理」のことを指します。 年を重ねていくと、体が思うように動かなくなったり、認知機能に不安が見られるようになるなど、さまざまな問題が生じてしまうでしょう。 自分が高齢者になってからの生活を考えると、やや不安を感じるのではないでしょうか。老前整理は、「老後の生活」をスムーズに送るための準備といえます。 「老後の自分の生活に不安を感じる」という方こそ、必要な取り組みでしょう。

老前整理を始める時期

老前整理を始めるにあたり、気になるのが「いつから始めればいいの?」という点ではないでしょうか。 ここからは、老前整理を始めるべき時期について触れていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

60代頃から始めるケースが多い

老前整理を始める時期として、一般的に多いのが「60代頃」です。 60代を迎えると、「自分の老化」を実感することが増えるもの。老後の生活に不安を抱き始めるタイミングでもあります。 そのため、60代に突入したことを機に老前整理を始めるケースが多いのです。 しかし、60代を迎えてからの老前整理は、「体力面」で不安を感じるのが事実といえます。「重たい物を移動させる」といった作業で、腰や肩などを傷める可能性があるでしょう。 そのため、なるべく体力に問題がない時期に老前整理を始めることをおすすめします。

40代、50代に始めると安心

スムーズに老前整理を始めたいのであれば、40代や50代など、比較的若い時期に進めておくことをおすすめします。 60代と比べると、40代50代はまだまだ体力もあり健康にも問題がないことがほとんどです。「重い物の持ち運びや移動」「長時間の作業」にも耐えやすいことから、老前整理を始めるうえでベストな時期といえます。 40代や50代では早いのでは?といった印象を感じる方もいますが、決してそんなことはありません。 自分のためであることはもちろんのこと、家族のためにも早めに老前整理を進めていきましょう。

老前整理の方法

老前整理は基本的に誰もが初めてです。「何をしたらいいの?」「どのように進めていけばいいの?」といった疑問を抱くことは当然でしょう。 ここからは、老前整理の方法について触れていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

本当に必要な物を厳選していく

老前整理では、まず「本当に必要な物」を厳選していく必要があります。 「もったいない」という気持ちが働くと、全て残しておきたくなってしまうものです。しかし、「本当に必要な物は何か」を重視していくと、意外にも「いらないもの」が多いことに気が付きます。 老後の生活を左右するのは、「物の少なさ」といっても過言ではありません。なるべく、物の量をコンパクトにすることが老前整理の目的です。 「いつか使うかも…」「高かったから捨てるのは抵抗がある…」などの気持ちは一旦置いておき、「本当に必要か否か」の2択だけで見極めていきましょう。

大きい物を優先的に処分していく

老前整理の基本は「大きい物から処分していく」です。 大きい物を処分することで、「整理している」という実感が湧きやすくなります。整理に対する意欲も高まりますので、意識の変化にもつながるのです。 「老前整理のやる気が起きない」というときにも効果的な方法ですので、ぜひ「まずは大きい物から処分すること」を意識してみてください。

老前整理をスムーズに進めるためのポイント

老前整理をスムーズに進めるためには、どのようなポイントを把握しておけばいいのでしょうか。

「自分の物だけ」を整理する

老前整理を行う際には、「自分の物だけ整理すること」を頭に入れておきましょう。 家族と同居している場合、家族と共有している物まで勝手に処分してしまうとトラブルになる可能性があります。 「自分だけが使っているもの」を前提として、老前整理を進めてください。

時間をかけてゆっくりと整理する

時間をかけてゆっくりと整理することを頭に入れたうえで、老前整理を行いましょう。 1日で完結させようとすると、無理をすることになってしまいます。結果的に怪我の原因にもなりますので、数か月単位で老前整理を行う計画を立てることが大切です。

おわりに

自分の老後に不安を感じたとき、ぜひ始めてほしいのが「老前整理」です。 不要な物を処分し、身の回りを整えておくことで、安定した老後の生活を迎えやすくなります。 元気なうちに整理を進めるためにも、ぜひ今からでも「老前整理」を始めてみてはいかがでしょうか。

監修者:大坂 良太
所有資格:遺品整理士・事件現場特殊清掃士

作業は”丁寧”がモットー。大切な人が遺したものだから、私たちも 大切に扱わせていただきます。遺品にまつわる思い出話をうかがいながら、 一つずつ整理していく。こうした遺品整理の過程が「思い出の整理」となり、 少しでもお客様の心が温かくなればと願っています。

遺品整理・部屋の片づけなら
遺品整理認定協会認定
まち遺品整理屋さん」

まちの遺品整理屋さんは、遺品整理認定協会から「遺品整理士」資格の認定を受け遺品整理業界の健全化に取り組み、適正業務を行っていると認められた協会認定の優良事業所です。

tel:0120-158308

おすすめのお役立ちコラム