今急増中の問題!?「セルフネグレクト」の原因や対策について

近年、若者を中心に増加している「セルフネグレクト」をご存じですか?
中でも、一人暮らしの若者に多い問題であり、近年深刻化している状況です。しかし、その実態はあまり表面化しないことが多く、「気づいたころには手遅れだった…」といった事態も少なくありません。
そこで、今回は深刻な問題となっている「セルフネグレクト」について解説します。原因や対処法、直し方に至るまで、幅広く見ていきましょう。

大阪で遺品整理・生前整理・特殊清掃なら
遺品整理認定協会認定
まち遺品整理屋さん」

まちの遺品整理屋さんは、遺品整理認定協会から「遺品整理士」資格の認定を受け遺品整理業界の健全化に取り組み、適正業務を行っていると認められた協会認定の優良事業所です。

tel:0120-158308

セルフネグレクトとは

セルフネグレクトとは、簡単にいうと「自分の身の回りのことをしなくなる状態」です。
自分の健康や安全を確保するためには、身の回りのことをきちんとこなす必要があります。しかし、セルフネグレクトの状態に陥ると、「食事をとらない」「体調が悪くなっても病院に行かない」「入浴をしない」など、あらゆることを放棄してしまうのです。
一般的に「ネグレクト」というと、我が子に対する育児放棄をイメージしますが、実は「自分の生活を整えること」を放棄するケースもあるのです。
セルフネグレクトが深刻化すると、結果的に「命の危険」にもつながりますので、決して安易に判断してはいけません。兆候に気が付いたら、家族がきちんとサポートしてあげる必要があります。

セルフネグレクトの原因

深刻な事態に陥りやすい「セルフネグレクト」は、一体何が原因なのでしょうか。
ここからは、セルフネグレクトに陥る原因についてご紹介します。

孤立

セルフネグレクトに陥る原因として、まず挙げられるのが「孤立」です。パートナーとの死別や就職など、ライフスタイルの変化に伴い孤立化してしまうケースは少なくありません。
孤立すると、周囲とのコミュニケーションが少なくなりやすく、「セルフネグレクトの兆候」に気が付きにくくなってしまうのです。
また、近年はSNSの普及により、対面でのコミュニケーションが少なくなりました。そのため、孤立状態に陥りやすく、結果的にセルフネグレクトにつながることがあるのです。

収入の減少

「失業」「転職の失敗」「就職の失敗」など、収入が減少したり、収入が途絶えてしまった…というケースがあります。
本来であれば、しかるべき機関に支援を求めることができますが、さまざまな事情により支援を申し出ない方もいるのが現状です。その結果、極端に食事量を減らしたり、ライフラインがストップしてしまうこともあります。
また、体の不調を改善するためには、病院を受診する必要があります。当然、お金も必要になりますが、収入がないことから病院を受診できないといった例も少なくありません。
いずれにせよ、「セルフネグレクトにならざるを得なかったような状態」といった原因も挙げられます。

老化

老化すると、どうしても体が思うように動きにくくなってしまうものです。「ゴミ出しに行くのが大変」「買い出しに行くと体に負担をかける」など、さまざまな理由から徐々にセルフネグレクトに陥ることがあります。
家族のサポートがあれば、セルフネグレクトを防ぐことにつながりますが、近年は核家族が進んでいることもあり、高齢者の一人暮らしも多い傾向にあります。
そのため、現代は高齢者のセルフネグレクトが進みやすい環境といえるでしょう。

セルフネグレクトの対処法

万が一身の回りに「セルフネグレクト」の疑いがある方がいる場合、どのように対処していけばいいのでしょうか。
ここからは、具体的な対処法について解説していきます。

まずは「自覚させること」が重要

セルフネグレクトの対処には、「本人の意思」も関わってきます。そのため、まずは自分がセルフネグレクトであることを自覚させる必要があります。
本人の普段の生活状況を客観的な目で説明したり、精神的な悩みに触れていくなど、少しずつ本人に自覚を促してください。

断捨離や模様替えで気分転換

セルフネグレクトに陥ると、部屋がゴミ屋敷化することがほとんどです。そのため、本人に意見を確認しながら、断捨離を進めていく必要があります。
また、模様替えも取り入れることで、本人の気持ちの切り替えや気分転換につながることも期待できるでしょう。
本人の意思を尊重したうえで、ゴミ屋敷の片づけを進めてみてください。

セルフネグレクトの治し方

セルフネグレクトを根本的かつ確実に治すためには、「専門機関」にサポートを依頼する必要があります。
医療機関ではセルフネグレクトの原因であり「精神的な病気」にも着目した治療を施してくれるのが特徴です。
また、支援センターでは、自身と同じようにセルフネグレクトに悩む方々との交流が可能。単純に症状を治療するだけではなく、利用者同士で共感しあったり、本人たちにしか分からない相談をし合うこともできます。結果的に解決の糸口が見つかることもありますので、近隣の支援センターに相談してみてください。

おわりに

セルフネグレクトは、若者を中心に増えてきている深刻な問題です。
家族や周りの方が早期発見できれば深刻化する前に対処できますが、発見が遅れると最悪の事態となってしまうことも考えられます。
身の回りにセルフネグレクトの疑いがある方がいる場合は、本ページの内容をもとに適切な対処を進めていきましょう。

監修者:大坂 良太
所有資格:遺品整理士・事件現場特殊清掃士

作業は”丁寧”がモットー。大切な人が遺したものだから、私たちも 大切に扱わせていただきます。遺品にまつわる思い出話をうかがいながら、 一つずつ整理していく。こうした遺品整理の過程が「思い出の整理」となり、 少しでもお客様の心が温かくなればと願っています。

遺品整理・遺品部分整理

まちの遺品整理屋さんは、低価格と安心を両立!

単に安さだけを追求してきれいに片付けるのではなく、故人さま・ご遺族さまの大切な想いが詰まった遺品を、専門スタッフが心を込めて整理いたします。ひとつづつ丁寧に整理することでご遺族の『思い出の整理』となることを目指しております。

人が亡くなった時に必要となる遺品整理。いざという時にあわてないため、事前に準備をしておく方も増えています。
私たち『まちの遺品整理屋さん』は、24時間・365日いつでも受付!お急ぎの方も、お困りの方も、ご相談だけでも大歓迎!「遺品整理認定士」「事件現場特殊清掃士」「古物商」などの資格スタッフが丁寧にご対応いたします。まずはお気軽にご連絡ください。

※上記料金は家財の量により変わります。※ピアノ、金庫、畳、自転車、介護ベット、仏壇、神棚、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコン等別途費用・リサイクル費用が掛かるものがあります。ご相談や見積りは24時間365日無料で受け付けております。まずはお問合せから。詳細はお気軽にお問い合わせください。

遺品整理サービス紹介動画

『まちの遺品整理屋さん』は、おかげ様で創業12 年・1,200 件以上お客様の「思い出の整理」にかかわることができました。地域最安値に挑戦するだけでなく、「遺品整理認定士」「事件現場特殊清掃士」「古物商許可書」などの資格を取得した専門スタッフが、ご対応いたします。

身近な方の死に馴れている人はいません。悲しみに暮れる最中にも関わらず、故人の身辺整理など現実的な問題に直面して困っている方がほとんどでしょう。『まちの遺品整理屋さん』は、24時間365日いつで受付!お見積りだけなら無料で対応。お急ぎの方も、お困りの方も、まずはお気軽にご相談・お問合せください。

ご利用いただいた皆さまから、たくさんのうれしい声をいただいています。いただいたお声は社内でも共有し、さらなるサービスの改善、向上を目指します。

関東圏は東京・千葉・埼玉・神奈川。関西圏は大阪・京都・兵庫・奈良・和歌山・滋賀。まちの遺品整理屋さんは出張無料で訪問お見積り!24時間365日ご相談・お問合せいただけます。まずはお気軽にご連絡ください。

A.遺品整理認定士の資格免許を持ったスタッフが対応いたします。

A.見積もり日に金額をご提示いたします。
また、その場でキャンセルもしていただけます。

A.見積もり金額以外の追加料金がかかることは一切ございません。

A.祝日は金額がかかることはございません。

A.大切なご遺品をご依頼者と確認を取りながら、遺品整理を
進めさせていただきます。ご安心ください。

A.はい。無料で対応させていただきます。

A.もちろん対応できます。お見積もりの際にご相談ください。浴槽自体も外さないといけない場合もございます。そちらも対応可能です。

A.はい、できます。お見積もりの際にご相談ください移動については専門スタッフを手配いたします。また、買取させていただくことも可能です。

遺品整理・不用品回収なら
遺品整理認定協会認定
まち遺品整理屋さん」

まちの遺品整理屋さんは、遺品整理認定協会から「遺品整理士」資格の認定を受け遺品整理業界の健全化に取り組み、適正業務を行っていると認められた協会認定の優良事業所です。

tel:0120-158308

おすすめのお役立ちコラム