生前整理のメリット

はじめに生前整理とは、家族や親族に迷惑をかけない為にも、生前の間に自分の身の回りの整理をしたり、遺産や財産の相続で問題が起きないように事前に行っておくことをいいます。
いわゆる終活の一つとされております。終活は早くから始める方もいます。
若いうちから生前整理を考えることにメリットがあるのかと思う方もいるでしょう。しかし、考えることに早すぎると言うことはありません。
むしろ早ければ早いほど、その状況に直面した際に慌てる事無く順調に物事を進めることができます。
家族や親族が亡くなった後、残された家族や親族は何をすればよいのか分からない方も多く、事前にこのような対策をしっかりたてておくことが重要です。
特に遺産相続や財産配分などのトラブルは多く、トラブルを予防するためにも事前に整理しておくとよいかもしれません。
また、今後の自分自身のためにも老前整理として、将来のことを考えることで、より前向きに生きていくきっかけになるかもしれません。

次に生前整理のメリットについてお話します。
◆相続問題のトラブルを回避
まず一番多いトラブルが相続問題です。
これは金銭だけでなく不動産や
車などのも対象となります。
遺言書やエンディングノートを作成し、しっかり財産を整理して書き留めておくことで財産配分や相続人が明確化しその後のトラブルが防げます。
◆遺品整理の負担を軽減
亡くなられた方の遺品整理をする際の
負担を減らすことができます。
人の死後は遺品整理をする必要があります。しかしそれを家族だけで行うと非常に時間と苦労がかかります。
また遺品整理中に覚えもない金品などが出てきてしまった場合は、更に複雑化する可能性もあります。
遺品整理を事前に行っておくことで、これらのトラブルが未然に防ぐことができます。

人が亡くなった時は、多くの出費があります。また役所などにも様々な書類を早急に提出する必要があります。
会社や親族などの関係者へ連絡する必要があり、
さらにお葬式の手配などで混乱するかもしれません。
そうならないためにも、事前に段取りをたて整理しておくことで慌てる事なく
冷静に対処する事ができるのです。
みなさんも生前整理について
考えてみてはいかがでしょうか。

監修者:大坂 良太
所有資格:遺品整理士・事件現場特殊清掃士

作業は”丁寧”がモットー。大切な人が遺したものだから、私たちも 大切に扱わせていただきます。遺品にまつわる思い出話をうかがいながら、 一つずつ整理していく。こうした遺品整理の過程が「思い出の整理」となり、 少しでもお客様の心が温かくなればと願っています。

遺品整理・部屋の片づけなら
遺品整理認定協会認定
まち遺品整理屋さん」

まちの遺品整理屋さんは、遺品整理認定協会から「遺品整理士」資格の認定を受け遺品整理業界の健全化に取り組み、適正業務を行っていると認められた協会認定の優良事業所です。

tel:0120-158308

おすすめのお役立ちコラム